治せる病気だと知る

頭を抱える人

治らない病気じゃない

鬱病は、治らない病気だといわれることが多いです。病院によっては、鬱病だと診断した患者に向けて治らない病気だと申告する医師もいるほどです。しかし、鬱病は治る病気です。確かに、診断されたら早く完治させることは難しいので、長期の治療が必要になります。また、周りの人の協力も必要になります。ですが、信頼できる医師やカウンセラーが見つかれば必ず治ります。ですから、鬱病を治す時は病院選びが重要なポイントになります。

どんな病院がいいか

鬱病と診断されたら、カウンセリングや薬物療法などによって改善していくことになります。ですが、鬱病の治療は行なっているけど医師によっては患者に向かって「治らない病気です」と伝えることもあります。このような発言する医師は、自信がないまたは不安にさせて治療を長引かせるという悪質な場合が多いです。信頼できる医師は、鬱病だと診断したら「必ず治る病気だから、一緒に治療を頑張っていきましょう」と言ってくれます。これほど発言に違いがあります。また、昔に比べると鬱病に効果のある抗うつ剤が開発されています。それぞれの患者に合わせて処方できるようになっていますし、高い効果を期待できるので治療を続けることで完治させられるようになっています。病院での治療も大事ですが、自分の「鬱病を克服したい」という気持ちも大事です。こういった気持ちを持ちながら信頼できる医師のもとで治療を受ければ、早めに鬱病を克服して以前の自分を取り戻せるようになるでしょう。